BLOG

デザイン 2020.09.17

アメリカ西海岸テイストのお家

こんにちは。

「シンプルノート 鳥取スタジオ」です。

少しずつですが、最近は朝だけでなく夜も涼しくなりましたね。

私はエアコンに頼りっきりの日々から少し抜け出せそうです。

 

 

では今回はこのテイストのお家の紹介。

 

広い青空の下でたたずむ白いシンプルなお家。

アメリカの西海岸風に、幅の広い板を1枚1枚丁寧に重ね張りして仕上げているかのようなラップサイディング調の真っ白な外壁材を使用し、アクセントとして屋根を空と同じブルーで仕上げたこちらのお家。

 

※ラップサイディング‥幅の細い板を1枚1枚ていねいに重ね張りし、仕上げる工法。日本でも歴史は古く、「鎧張り」「下見板」「横羽目」と呼ばれている。

 

 

家の顔となる玄関面と、一番人目に触れる道路面には、換気扇、エアコンの配管、樋といった外観を乱す余分な部材を全て排除し、究極にシンプルに仕上げさせていただきました。

 

結果、ただ単にシンプルで美しい見た目になるだけではなく、外壁に汚れを付きにくくさせ、長きに渡って美しいファサード(建物の正面)を保ちやすくしています。

 

 

では、続けてこちらのお家の内装についてもお伝えしていきますね。

 

こちらのお家は、始めに見て頂いた外観はもちろんのこと、内装の仕上げもアメリカ西海岸テイストになっています。